私がワードプレス プラグインで「WP-TableReloaded」から「TablePress」へ早めに移す理由

TablePress,ワードプレス,プラグイン 私は今までテーブルプラグインは「WP-TableReloaded」「TablePress」を混在して

両方使用していましたが、最近可能な限り「WP-TableReloaded」から「TablePress」

へ移すようにしています。   それは「WP-TableReloaded」が開発を終了し、

「TablePress」が公式の後継プラグインである。

 

ということもありますが、それ以上に大きな理由があり可能な限り、

「WP-ableReloaded」から「TablePress」への移行を行なうようにしています。
(TablePressダウンロードはコチラ

それは何故でしょうか?

 

「WP-TableReloaded」よりも「TablePress」を選ぶ理由とは?

私が 「WP-TableReloaded」から「TablePress」へ早めに移行する理由は、

レスポンシブデザインに対応しているからです。

対応させるためには「Responsive Tables」というプラグインをインストールし、

コードを変更するだけです。 Responsive-Tables 具体的な手順は、 Responsive Tables」をインストールし、テーブルのショートコードに

「responsive=“xxx”」 とコードを追加することで使用することが出来るようになります。

 

「”xxx”」の部分には「phone」「tablet」「desktop」「all」を入力することで反応させる

画面の幅を選択することが出来ます。

 

「phone」では768ピクセルよりも画面幅が小さい機器に反応 「tablet」では

980ピクセルよりも画面幅が小さい機器に反応 「desktop」では1200ピクセルよりも

画面幅が小さい機器に反応 「all」では全ての機器に反応するようにします。

 

実際に「Responsive Tables」を使用してみる。

レスポンシブ, 具体的にどのようにコードを変更するか、お見せしていきます。

 

例えばテーブルID「1」のテーブルを980ピクセルより小さい機器で見た時に

反応させたい場合は

コード

  とすれば、しっかりと980ピクセルより小さい機器で見た場合には反応します。

 

特に訪問者がiPhoneやアンドロイドといったスマホからのアクセスが多い場合は、

「TablePress」「Responsive Tablesのご利用をお勧めします。

 

上記の作業を行いレスポンシブデザインにすることで、少しでもスマートフォンの訪問者の

滞在時間を増やし検索順位を上げていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ