アドセンスと同じ画面に表示(同居)でペナルティーを受ける意外な広告は

グーグルアドセンス,googladsense

現在トレンドアフィリエイトなどで、グーグルアドセンス(AdSense)を

利用される方が増えています。

 

そして、グーグルアドセンスと他の広告を同一ページで同居して表示させて

ペナルティーを受けてしまった。

 

という報告が多数上がっています。

 

しかしグーグルは規約の中で同一ページで他の広告と同居させることを認めています。

 

詳しくはこちらのグーグルの規約をご覧ください。

 

読んでいくとアドセンスと別の広告ということがわかるようにしてあれば

他社の広告を同じページ内で同居させても問題無いという事ですね。

 

しかしペナルティーを受ける方がいるのは、上記の規約以外に禁止されている商品を

広告で紹介しているケースが多いです。

アドセンス,禁止事項,同居広告

グーグルアドセンスは同じ画面で表示するとペナルティーを課せられてしまう広告が

有りますので、グーグルアドセンス(AdSense)を利用し他の広告も表示させる場合は、

同じ画面に表示させることを認めていない広告を載せないことが大切です。

 

グーグル・アドセンスと同じ画面で、広告をしてはいけない物はどのような物でしょうか?

 

グーグルアドセンスが同一ページで同居を認めていない広告とは

アドセンス,警告,adsense

グーグルアドセンスが同一ページで同居することを認めていない広告は下記のとおりです。

 

<グーグルアドセンスが同居を認めない広告一覧>

  • ポルノアダルト系コンテンツの販売(写真集もダメです
  • 暴力的なコンテンツの販売
  • 講義内容や論文のコンテンツの販売(情報商材も含まれます
  • ギャンブルやカジノのコンテンツの販売
  • タバコの販売
  • 処方箋医薬品の販売
  • 人種差別をしているサイトへの誘導
  • ポイントサイト・ポイントを換金サイトへの誘導

大体は想像が付きますが、赤字のものに関しては気付かず違反しがちなので気を付けて下さい。

 

これらのことを意識することで、グーグルアドセンスと同居させてペナルティーを

課せられるということは無くなります。

 

アマゾンや楽天などの広告を同居させても大丈夫か心配している方が結構いらっしゃいますが、

アマゾンや楽天に関しては、全く問題無いです。

 

グーグルアドセンス(googleadsense)が他の広告との同居でペナルティーが心配だった方は

一度上記情報を確認してみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ