アフィリエイトで儲けた時に有効なふるさと納税って?全額控除とは?

ふるさと納税

アフィリエイトやネットビジネスを副業で行っている方にもメリットがある、

ふるさと納税が話題になっています。

 

ふるさと納税とは各都道府の地域に寄付することで、

驚くほどの節税メリットを享受できる仕組みです。

 

どんなメリットが有り、どれくらいの税金が控除されるのでしょうか?

 

うまく利用することで副業で納税が必要になった際にお得になりますよ。

 

ふるさと納税とはなにか?

寄付,ふるさと納税

ふるさと納税とは選択した地域に対して寄付を行うことで、最大控除額の範囲内であれば

所得税や住民税が寄付した金額のほぼ全額控除される。

 

という仕組みです。

 

「ほぼ全額控除」というのは、寄付を行い所得税と住民税の控除が2,000円は

できないルールがあり、2,000円は控除されず必ず自己負担になるからです。

 

よって、ふるさと納税をすることで、2,000円を除く金額が返ってきます。

 

例えば最大控除額が30,000円の場合、30,000円の寄付をすると28,000円

返ってきます。(最大控除額の説明は後ほどしています。)

ふるさと納税,応援

あなたが応援したい地域に対して、お得に寄付を行なうことが出来るわけです。

 

しかし完全に全額控除ではなく、通常支払う所得税と住民税の金額は

かえってきますが、2,000円は余分に支払う必要がありますね。

 

寄付をしたという優越感は味わえるかもしれませんが、普通に所得税や住民税を

支払うよりも2,000円多く支払うことになりますね。

 

しかし、

ふるさと納税は2,000円多く支払っても有り余るメリットが有るのです。

 

ふるさと納税のメリットとは?

244

ふるさと納税はお金を支払うことには変わりないのですが、

価格に応じてその地域の特産品をもらうことが出来ます。

 

もらえる特産品はこちら。

ふるさと納税,肉 ふるさと納税,カニ ふるさと納税,米

その地域の特産品を貰えることで、支払うべき税金額よりも2,000円多く支払っても

非常にお得なのです。

 

払わなくてはいけない税金を支払う代わりに寄付をして、これだけの特産品を貰えたら

利用したくなりますよね。

 

しかし、支払うべき所得税や住民税の全額が控除されるわけではないのです。

 

一体どれくらいの金額が全額控除額になるのでしょうか?

 

実際に控除になる金額はいくら?

003

寄付金が控除される最大控除額は住民税(所得税)のほぼ1割といわれています。
(地域によって多少誤差有り)

 

では実際の収入に対していくら位が全額控除されるのでしょうか?

 

総務省に給与収入(課税所得)に対していくらまでの寄付金が、全額控除されるかの

早見表を公表していたので紹介します。

 

⇒寄付金全額控除金額早見表はこちら

 

この表を見ていきますと、例えば独身者で給与収入や副業での課税所得が300万円の場合

16,000円までの寄付は2,000円を除く全額が控除され、申告をすることで返ってきます。

 

夫婦で給与収入や副業での課税所得が300万円の場合は12,000円までが

全額控除額になります。

 

ちなみに10,000円の寄付をすると大人気のお肉がもらえる自治体がたくさんあります。

⇒お肉をもらえる自治体一覧はこちら

 

かなり美味しそうです。

 

複数のふるさと納税を利用することも可能

254

例えば、15,000円の控除枠があり、特典をもらえる金額が10,000円からの

自治体があったとします。

 

その場合に、全額を自治体に入れてその地域を応援するのも良いですが、

もらえる特典は10,000円も15,000円も変わりません。

 

そこで、10,000円をその自治体に寄付し、特典をもらえる金額が5,000円からの

地域に寄付をすると、2つの特典をもらうことが出来ます。

027

そして、その2つの証明書を確定申告時に提出することで、

15,000円-2,000円=13,000円が返ってくることになります。

 

この方法を利用することであなたが持っている控除枠を最大限に利用することが

出来るのです。

 

また、寄付をするタイミングも1年中受け付けている自治体がほとんどですので、

好きなタイミングで寄付をすることが出来るのもよいですね。

 

副業のネットビジネスやアフィリエイトの利益で、寄付金の控除を受けられる方は

是非利用してみてくださいね。

 

かなりお得です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ