グーグルのペナルティーには2種類 その解除の方法とは

バツ

グーグルのペナルティーには大きく2種類があります。

その2種類とは

手動によるペナルティー

自動で発動されるペナルティー

です。

 

外し方のお話の前にそれぞれのペナルティーの内容を理解して、

どちらのペナルティーなのかを判断する必要があります。

 

それによって、解除の方法が違います。

 

自動でのペナルティーとは

img_94037_15046439_2

自動でのペナルティーの場合は、順位が大きく下がるのみの場合が多いです。

そして下がる度合いにも2パターンあり、

  • ある特定のキーワードが50位程度順位が下がる場合
  • ある特定のキーワードが200位以上一気に下がる場合

の2パターンがあります。

 

この2パターンのどちらが適応されるかは、そのペナルティーの原因の悪質度から

判断されているようです。

 

例えば、知らずにペナルティーを犯していると判断できる場合と、明らかに

ペナルティーを分かった上でされている場合とで、ペナルティの重さに差があります。

 

当然後者のほうが重いペナルティが課せられます。

 

手動でのペナルティーとは

084

手動でのペナルティーの場合は、自動でのペナルティーよりも重く、インデックスが

削除されたり、ページランクが付いていた場合は、ページランクの剥奪をされたりします。

 

そして大体の場合はウェブマスターツールに登録していれば、通知がきますので、

すぐにわかります。

 

これをされるのはかなりきついですね。

 

それではこれらのペナルティーをどのように解除していくのかを説明していきます。

 

自動ペナルティーの解除方法

img_94037_15046439_2096

自動でのペナルティーの場合は、問題のある箇所を直し、日数が経てば
(公表されていませんが、私の感覚では30日前後)

ペナルティーも自動で解除されます。

 

よって、自分で思い当たる部分を修正してあとは待つ。

 

という方法しかなく、再審査リクエストをする必要がないですし、再審査リクエストで

グーグルが何らかの作業をすることはありません。

 

自動ペナルティーの場合は、自動の解除しか無いということです。

 

手動の場合

084096

手動でのペナルティーの場合も、問題の箇所を直せば自動でペナルティーが

解除される場合がありますが、再審査リクエストを出すことができますので、

問題の箇所を直して、再審査リクエストを出したほうが早く、確実にペナルティーから

立ち直ることが出来ます。

 

因みに、再審査リクエストを出してもペナルティー解除されない。

という方もいらっしゃいますが、今はどこが問題かも知らせてくれますので、

指摘された問題点を直して再審査リクエストを行えば、よっぽど悪質でない限り

解除されますので、諦めず対応してくださいね。

 

 

グーグルのペナルティーは受けないに越したことはありませんが、もしペナルティーを

受けてしまったら、まず自動なのか手動なのかを判断して適切な処置をされると早く

ペナルティーから脱出できますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ