アフィリエイトにおけるH1タグのSEOに効果的な使い方を紹介

176 135

H1タグは一時期SEO対策に有効でしたが、過剰に使われた時期があったため

現在ではSEOに対する影響力は小さくなっています。

 

よってH1タグはタイトルと同じ内容になるテンプレートも多く、それほど気にすることも

無かった存在でしたが、最近はこのH1タグが見直されてきており、正しく利用すれば

SEOにも良い影響が出ると言われています。

 

そういった風潮からかタイトルとH1タグを別々に設定できるテンプレートも増えてきましたね。

 

そこで、H1タグの目的・適切な使い方をご紹介します。

 

H1タグの目的

175

H1タグの目的は、タイトルでやりきれなかった「SEOを意識」して使うことが目的です。

 

タイトルは人が見てクリックする文章であり、SEO対策よりも人が興味を持つタイトルにしますね。

 

文字数も32文字以上書くと検索結果に表示された時に途中で文章が切れてしまうので

制限があります。

 

そこでSEOの観点で文章のキーワードの順番を変えたり、(重要なキーワードを左に持っていく)

タイトルに入りきらなかったキーワードをH1では入れていきます。

 

タイトルよりもSEOを更に意識してH1に文章を入れていくという考え方です。

 

タイトルと内容が似る場合がほとんどですが、可能な限りH1タグはタイトルと

内容を別にし た方がSEO的に効果があります。

 

それによって、タイトルで人を引き付けながら、H1でSEO対策もしっかりできるページになります。

 

まとめ

176 135

まとめますと

  • H1タグは人が見て興味を持つよりもSEOを意識した文章を提示する事が目的
  • キーワードの羅列ではなく文章で入力する
  • 文字数は50文字程度までなら問題ない。長すぎると見出しではなく本文に
    なってしまうので、H1タグの目的から外れます。
  • キーワードを詰め込んでも、SEO的に評価される事はほとんどないので無駄。
    通常は2~3キーワードになるのが自然
  • 同じキーワードを複数回入れても意味がないので、基本は1つのキーワードに付き1つ。

 

また、

  • フォントサイズを小さくして、人間の目には見えづらくする。
  • 背景の色とフォントカラーを同じ色にして見えなくする。

という事をしますとスパム認定を受けるおそれが高くなりますので絶対にしないでください。

以上が効果的なH1タグの使い方です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ