キーワード出現頻度の調整で事件が

キーワード出現頻度はアフィリエイト上結構重要とされてきましたね。

 

キーワード出現頻度とは下の図にあるように、対象のサイトにどんなキーワードが

どれくらいの割合で入っているかを意味します。

出現頻度 画像

そして昔のSEOではターゲットとする言葉を全体の文字数の5%位使用していると

その言葉で上位に出やすいといわれており、結構重要な調整だったのです。

 

たとえば「ダイエット」というキーワードで検索上位に上げようと文章を書いた としますと

大体2回か3回「ダイエット」という言葉を使いますね。

 

それにプラスしてもう少し「ダイエット」という言葉を増やすのです。

 

この調整が重要だという頭があり、今回時間があったタイミングで

このキーワード出現頻度の調整をしておりました。

 

ところがなんと、この調整を行ったとたんに順位が下落し始めました。

 

きっと調整を行ったことで不自然な文章になりそれがGoogleに 受けが悪かったと

思われます。

 

そこで私の師匠にこのキーワード出現頻度について聞いてみました。

 

すると現在のSEOでこのキーワード出現頻度はほとんど関係ないとのことでした。

 

それよりも今回のように、不自然な文章になり悪い方向に行く場合が多いとのことでした。

 

私が予想していた以上にGoogleは進化しているんですね。

 

もし不必要にキーワードを意識して文章を作っている方がいらっしゃったら

少し気をつけたほうが良いかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ