ルレア(LUREA)ウェポンサイトはペナルティーを受ける?

point-image5-1

ルレアのウェポンサイトを使用するにあたり、効果的な使い方が無いか調べてみますと、

結構な頻度で、ルレア(LUREA)ウェポンサイトを利用することでの、

ペナルティーの危険性を指摘する記事がありました。

 

そういった方の記事を読んでいくと、グーグルに「リンクファーム」からの被リンクとして

認識され、ペナルティーを受ける可能性があるとのことでした。

 

リンクファームとは

047 (1)

リンクファームの定義を調べてみました。

色々なサイトで言っていることが微妙に違いますが、まとめてみると

 

<リンクファームの定義>

  • 多数の相互リンクを行っているサイト
  • 各ページから不自然なくらい多い発リンクが行われているサイト
  • 被リンクを付ける代わりに、そのサイトに対するリンク付けも依頼するサイト
  • 全く関連性性が無いサイトと大量の相互リンクを行っているサイト

等その他サイトでも色々説明されていますが、おおかた上記の様に説明されています。

 

大きく言うと自然に作られたと思われないリンクを持つサイト。という事になり、

共通点としては被リンクを渡す代わりに、被リンクを要求するといった、

「相互リンクを人工的に形成させる」

という所がリンクファームを説明するサイトでは必ず出てくるキーワードです。

ルレア(LUREA)ウェポンサイトはどうなのか?

072

そして、ルレア(LUREA)のウェポンサイトを見てみましょう。

 

ウェポンサイトは57個のオールドドメインサイトIP分散の為に9個のサーバーに

分散しており、そのサイトから被リンクを送ることが可能です。

 

さらに、初リンクをむやみに増やさない為に、1記事から発リンクは1つと決めたり、

各ウェポンサイトで書ける記事ジャンルを決めたりとリンクファームやスパム行為と

判断されないように、よく考えられています。

033

ウェポンサイトが現状で不自然な部分は、

・様々な人が書いた文章で文体や文章の癖がバラバラ

という点と、

・発リンク数が書く記事で必ず1発リンクと決っていること

くらいだと思います。

 

しかし様々な人が書いた文章で文体や文章の癖がバラバラという点に関しては、

2ch等の掲示板やSNSといったサイトも様々な方が利用し、様々な文章・文体が

載っていますが、上位に名前を連ねているサイトがたくさんありますね。

 

発リンク数が各記事で必ず1発リンクという点に関しても現状でそのことによって

ペナルティーを受けたという報告は上がっていません。

 124

ただ、グーグルは不自然なことを嫌うという性質から嫌われる可能性がある。

という意味で書いています。

 

よって現状では特にペナルティーになる可能性は低く、正直様々なサイトでいわれている

ウェポンサイトのペナルティーの可能性は説得力が足りないと思います。

 

反論がある方はぜひご連絡ださい。

ウェポンサイトでペナルティーになる可能性は?

kangaerujosei

上記の検討によって、私はウェポンサイトを利用してペナルティーをもらう可能性は

極めて低いと判断します。

 

しかし一切ペナルティーになる可能性無いかと言いますとゼロではありません。

例えばグーグルは日々進化していますので、掲示板やSNSの様な、多くの人が書くのが

普通なサイトと通常一人の人が書くであろうサイトをしっかり判断できるようになった時は、

各記事で文体がバラバラなウェポンサイトは、ペナルティーになる可能性がゼロとは

いえません。

 

現状では問題無いと思われますが、強いて言えば上記の内容が気になるところです。

146

そもそも、SEO対策というのは、少なからずペナルティーになる要素はありますので、

ペナルティーを恐れる方は、被リンク等のSEOなどは行わずコツコツ良質な記事を

書いていくのが一番確実で、ペナルティーになる可能性を最小限にできます。

アフィリエイトで普遍的な最強のSEO対策とはなにか?

 

実際私の持っているいくつかのサイトは、そういう考えで作っているサイトもいくつか有り、

時間はかかりましたがしっかりとアクセス数をもらっています。

 

まとめ

010

まとめますと、ウェポンサイトを利用することによるペナルティーの可能性は現状は

非常に低く、極度にペナルティーを警戒する方以外には使えるツールだと判断します。
(決してペナルティーを恐れる人を否定するわけではありません。僕だって怖いんです。)

 

<ウェポンサイトが問題無いという根拠>

・相互リンクでは無い。

ウェポンサイトからの被リンクはもらえますが、リンクを付ける必要はありません。

1方向のリンクです。これがダメなら通常のアフィリエイトサイトも大抵発リンクを

していますので、全てペナルティーになってしまいますね。

 

・発リンク数を1記事1発リンクと決めている。

1記事から複数個初リンクを行なうことは禁じられています。

よって、初リンクが多すぎリンクのパワーが弱くなっている。ということがありません。

 

・サイトのジャンルをかなり細かく設定している。

サイトのジャンルを細かく設定することで、関連性がない発リンクになるのを

防いでいます。

 

・ウェポンサイトAからウェポンサイトBへの被リンクは禁止されている。

これによってウェポンサイト同士で被リンクを送り合うことはなく、リンクファームと

判断される大きな要素である相互リンクを行わない仕組みになっています。

 

・しっかりと管理されており、上記の内容に違反しているような書き込みが一切無い。

これはかなり重要です。しっかりとペナルティーにならないような仕組みを作っても

守られなければ意味がありません。

 

しかし、インターネット上は匿名性が高いので、これを破る方が結構いらっしゃいます。

それを人の目で管理しているのは安心してい利用できますね。

 

逆に私が考える、ウェポンサイトが危険だと思われる部分も公開します。

 

<ウェポンサイトが危険だと考えられるポイント>

・様々な人が記事を買いているため、記事の文章や書き方にばらつきがあります。

ただしこれによって、ペナルティーになる可能性は今のところかなり少ないです。

 

・発リンク数が書く記事で必ず1発リンクと決まっている。

毎回必ず1発リンクというのは、グーグルに疑われるかもしれません。

 

・ウェポンサイトにつけている被リンクの質は分からない。

ここまでしっかりと管理されこだわりを持った仕組みで、変な被リンクをつけている事は

考えづらいですが、公開されている状況ではないため、ありうる可能性とういうことで

書いています。

 

以上でウェポンサイトの検証は終わりです。

 

最後に

あなたはどう思われましたか?

私は検証用に一切被リンクを付けていないサイト以外には、今回の検証でロングレンジの

サイトに使っても問題無いと判断して使っています。

 175

心配な方は、私のブログを見続けて頂ければ、もしウェポンサイトによって順位が下がったと

考えられる場合には大々的にお知らせしますよ。

 

ぜひ安心してルレア(LUREA)のウェポンサイトを使用して欲しいです。

 

安心して使用できるウェポンサイトを使用できるルレア(LUREA)はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ