プロフィール

私は2013年3月から本格的にネットビジネスを始めた超後発組です。

096

ネットビジネスを始めるといつの時代も後発組という言葉がつきまといます。

 

10年前でも後発組という方はいたので、特に気にしていませんでしたが、

最初は比較的収益が上がりやすいと言われている物販サイトの運営から始めました。

 

結果半年程度で普通に生活していく分には問題無い程度の収益を得られるようになりました。

 

 今テレビで騒がれているようなネオヒルズ族の様な信じられない収益を短時間で

上げたわけではありませんが、そこには私なりの戦略とマインドがあったのです。

 

ネットビジネスに参加することによって私の人生はこの半年程度の短期間で大きく変わりました。

  • 日々の苦痛なミーティングに時間を取られずに済む
  • 仕事が終わっているのに帰れない雰囲気でダラダラ会社で過ごさなくて済む
  • 馬鹿正直にみんな同じ時間に通勤することによって起きている満員電車に乗らなくて済む
  • 上司の愚痴に付き合わなくて済む
  • 決まった時間に起きなくて済む(不思議とそうなると規則正しく起きるようになりますが。。)
  • 自分のスケジュールで動くことが出来る
  • 意識が違う集団に所属することでのストレスから開放される
  • 自分が頑張った分だけ上限なく稼ぐことが出来る(サラリーマン時代の徒労感は全くありません)

など

あのサラリーマン時代から考えたら、素晴らしい変化です。

 

今となっては心からネットビジネスに挑戦して良かったと思っています。

 

サラリーマンは甘くなかった。。。

145 (2)

私は30代に入ってから人生を諦めていました。

 

それなりに仕事は頑張ってしていましたが、所詮人に使われている身で、

どんなに頑張ってもサラリーマンである以上先が見えており、

それを打開する策も何も持っていませんでした。

 

 

このまま普通の生活をして普通に生きていくんだな。

 

 

と思いみんなそれが普通なんだから。と考えないようにしていました。

 

 

正直どうでも良い。そんな気持ちで生きていました。

123

お酒をのんで自分を紛らわすのは最低な大人だと思っていましたが、そうなっていました。

 

おそらくその頃「レモンハート」というお酒は私が東京で最も多く消費していたのではないでしょうか?

 

 

昔は自分を通す部分もありましたが、完全に牙を抜かれていました。

 

 

そうして自分の状況に満足していないことを見て見ぬふりをしてきましたが、

私にとって衝撃的な事が起きました。

 

晴れやかな結婚式の2次会で起きたこと

 

衝撃的なことは高校時代の結婚式の2次会でおきます。

 

私が席を外して戻ってくると

「あいつもああいう普通な感じになるんだな。」

と、こそこそ噂しているのを聞いてしまったのです。

 

本当に衝撃でした。

 

 

立て続けに会社でもショッキングなことが起こっていきいます。

 

 

次第に、このまま生きていったら普通につまらない人生を送ることになり

何も面白みのない人生で終わりだと思い始めるようになっていったのです。

「普通に結婚して普通に子供が出来て、生活がギリギリでも普通が一番幸せ?」

 

 「満足に海外旅行にも行けない時間的な成約をうけた生活。

  おそらくヨーロッパなんて定年まで行けない。」

 

 「安定はしているが、激的に給料が上がる可能性も無い人生。

 変えるためには株かギャンブル位しかないのか?」

 

 「この人苦手だけど同じ会社だし、同じ場所でずっと一緒に仕事するんだな。

  仕事だから仕方ない。」

 

 「サラリーマンは安定を買って生きてるんだから、この給料でも仕方ない。」

 

 「成金趣味の金持ちを鼻で笑う?確かに趣味は悪い。

  でも自分ができないことを確実にしている。」

 

 「小さい頃の憧れの職業ってなんだっけ?サラリーマンじゃなかったな。」

 

 「ずっとサラリーマンとして、人に使われて生きていく?」

サラリーマン時代の私に良く浮かんできた言葉です。

 

しかし、これらの事を突き詰めて考えていくと、サラリーマンを続けることを

投げ出しそうだと思い、出来るだけ考えないようにしてきたことでもあります。

 

 

やはりサラリーマンという安定した職業を手放すということは非常に怖く、出来るだけ

そちらの方に行かないように、その場しのぎの理屈を作って自分をコントロールしました。

 

要するに自分に嘘をついていたということです。

 

それくらい、サラリーマンを辞めるという事は私にとって恐怖でした。

 

このままではいけない。

でも働き続けないと生きていけない。

 

上記の事はサラリーマンであれば誰しもが一度は、考えたことなのではないでしょうか?

 

大学生の頃

大学生の頃は海外旅行が好きで40日間インド・ネパールを旅したり、アメリカに行き

レンタカーで3,000キロ走ったりしていました。

 

インドは人のパワーが強烈で、非常に刺激的かつ面白く、衝撃でした。

憧れのガンジス河にも入ることができました。

 

 

ネパールでは国王もいる湖畔でゆったり過ごし、国王の護衛に打たれそうになりながらも

エベレストの麓の村に泊まったり自然を楽しめました。

 

 

アメリカでは、スラム街に入り込んでスリリングな思いをしたり、警察に銃を向けられたりと

(なぜか海外に行くと打たれそうになるんです。)普通では出来ない体験ししました。

 

国内の旅行も数知れず、とにかく一人で放浪するのが大好きだったのです。

 

 

こういった体験をもう一度するために、なんとか自由な時間がありながら、

稼いでいきたいと考えるようになりました。

 

大学卒業からサラリーマンになるまで

起業

なんとか自由な時間がありながら、稼いでいくとすると起業くらいしかないと思い、

学生の頃から起業に憧れていました。

 

しかし、大学を卒業してから直ぐに企業というのは金銭的にも知識的にも難しいものがあり、

色々と考えあぐねていた時にこれから創業する。

という会社を運良く見つけ入社出来ました。

 

基幹システム

会社はシステムを作る会社で、一般的には販売管理システムや生産管理システムという、

失敗したら会社が傾くこともある会社の基幹をなすシステムを作っていました。

 

 

非常にやりがいのある仕事でしたが、そんな重要なシステムを創業したての会社が

提供していく。ということなので、創業当時は大変でした。

 

118

新しい会社でお客さんがいませんので、朝から晩まで、テレアポ、飛び込みを行い、

営業活動を終えた夜は本を読みまくり、各業種の業務の学習、

提案書やカタログ作りから、弁護士と打ち合わせをしながら契約書を作る。

といった何も準備されているものがない状況。

 

 

これ以上は仕事が回らないということで、仕事内容を分析して仕組み化

(営業で言えば、飛び込み営業は行動量・時間と結果の分析から効率が悪いと判断し、

テレアポの外注化を利用した効率化された営業の仕組みの構築等)を行い、

その他事務的な事も会社の業務を仕分けて効率化していきました。

 

 

こういった仕事の中で、仕事の性質を見極め、仕分ける事で効率的に仕事ができる

仕組みを作る魅力に没頭していきました。

 

098

業務分析から仕組みの構築は、お客様の業務の効率化へのコンサル提案にも役立ち、

非常に面白く、また多くの人に役立つものだという強い思いを持ちました。

 

 

こういった感じで初期の頃は徹夜の日々も多かったですが、充実した日々を過ごしました。

 

結果、実績としては私個人でも5,000万から1億円クラスの案件を取れるまでの

スキルが身につき、その大きさの案件になると注文を頂くまでにも一つのプロジェクトを

作る形になり他人の力も引き出していく必要がありますが、そういったプロジェクトも

最期まで進め販売することができるようになっていました。

 

 

体調管理も完全に行い、なんと仕事も10年間無遅刻無欠席で働きました。

 

100

結果4名という少ない営業で年商5億円まで行く会社になりました。

しかし年商が3億円を超えたくらいの時から、今までと違う雰囲気が会社に生まれ始めます。

 

妙なプライドと安定志向が社員の中に生まれ、つい数年前まで気を抜くとまずい。

という雰囲気の中で緊張感があった会社に、このままで大丈夫という雰囲気が

少しずつ生まれ、さらには小さい会社であるにもかかわらず社内での

権力闘争のようなものが生まれていきました。

 

個人でも組織でもそうですが、現状維持を目指すと衰退していきます。

 

会社の創業期と安定期は違う組織に変えていく必要があるので、仕方の無い部分が

あったのですが私はこのまま行くとまずいという意識がありました。

 

 

そういった中、なんとかしようと動いていきましたが、なかなかその雰囲気を変えることは

簡単ではなく、私の情熱は少しずつ覚めていきました。

136

さらには一緒に頑張ってきた上司の突然の解雇というショッキングなことが起きました。

 

 

こういった出来事から、会社組織の限界を感じ、また創業の時から頑張ったとしても

結局雇われの身であり、他人に人生を任せるということの危うさから、

次第にかつてあった熱は失われていき、このままでは非常にリスキーだと思い始め、

その思いはどんどん強くなり、恐怖にかわっていきました。

 

 

さらには私の周りでも一生会社のために尽くして行けば、自分の地位も上がって行き

会社も自分を守ってくれるという社会モデルは限界があり、自分を守る準備をしようと

考えている人が増えて来ているのを実感しています。

 

 resize-300x225

今の日本の国の借金、政治・外交の手腕、高齢化の状況を見ていけば、

国や会社が守ってくれる事は難しくなり、今後そういった方はどんどん増えて、

リストラの低年齢化も確実に進んで行くことは容易に想像が出来ます。

 

 

あの頃のように好きな時間に世界を自由に歩き回る事ができる生活を送りたい。

でも私はそれもできないような生活をしていました。

 

 

サラリーマンという日本では守られて、有利にいるといわれている立場にいて

そういった夢も諦めないといけないのはおかしいと思いました。

 

 独自ドメイン

そこで、時間が自由になり、お金もサラリーマンよりも稼げるビジネスはないのかと

考えて探して探して見つけたのがネットビジネスです。

 

 

ネットビジネスは情報を販売する仕事なので在庫が無く、場所をとらなかったり、

設備に関してもパソコンがあればそれで事足りたりと、固定費用が様々なビジネスの中でも

圧倒的に低いので、リスクが少なくパソコンがあればどこででも仕事ができるという

まさに理想的なビジネスでした。

 

 

さらに、外注を使ったり、仕組みを作ってしまえばどんどんレバレッジを効かせられる。

というメリットもありました。

 

 

生活費全てを稼ぐ稼ぎ方もできますし、現在の収入に副収入を足していく。

という稼ぎ方もできます。

 

 128

今の生活から自由になるには、これしかなく、会社の創業の時に養った、

仕事の仕組み化、効率化の能力をもっと生かせる場所だと考えるようなり

本当に怖い決断でしたが、サラリーマンを辞める決意をしました。

 

 

そして今後そういった将来に不安を持つ方の手助けや、ヒントになるようなことを

していきたい思うようになってきました。

 

 

ありがたい事に、社長や社員の方にも引き止めてもらい辞めるのに半年掛かりましたが、

なんとか納得してもらい2013年4月にサラリーマンを辞めました。

 

 

今後は実行して努力していけば、一定の成果を得られる再現性のある手法と

仕組みの確立を行い、その手法を組織化していく仕組みの構築を行っていきます。

 

 

会社のようなガチガチの組織ではなく、柔軟な組織で、状況に応じて一緒に

仕事をしたり、別々に個人や小さいグループで仕事をできるようにすることで、

自分でも稼ぐ力を保ちながら組織のメリットも生かしていけるような組織です。

 

組織の力は利用しますが、組織に依存しない仕組みです。

 

 

将来的にはそれをアフィリエイトに限らず、業種をまたいで作り、可能な限り

多くの特性の人が参加できるようしていき、提供していきます。

 

 

そういった仕組みの中で一つの柱になるネットビジネスを、第一弾として実行して行きます。

 

 

長期的に成り立つ仕組みを作っていくので、ネットビジネスは裏技的な手法もありますが、

基本的には長期的なスパンでかせげる手法を採用し実行しています。

 

 

ネットビジネスは難しくはありません。

 

 

正しい方向性を持ち、継続することさえできれば、しっかり稼げるようになるのに

それほど時間はかかりません。

 

 

もしあなたも、現状に不満を持ち、今よりも経済面や社会的な立場を確立していきたいと

考えているのであれば、全力で力になります。

 

 

どんな形であれ、興味を持ってもらえたらこのホームページを作った目的は達成しています。

 

アフィリエイトフォーミュラ,スイクン,ミスターエヌ,Mr.N

そして興味を持った中で疑問に感じた点があれば是非連絡をください。

 

 

可能な限り協力します。

 

 

もし誰に聞いていいかわからなかったり、聞いて良いか迷うような事であっても

問題無いのでメールを下さい。

 

 

必ず私がメール読みますし頂いたメールは必ず返します。

 

そういったやり取りの中から、あなたの新しい生き方を見つけてください。

 

 そして、そういった時間から自由になれる方と、自由に行きたい時に

色々な所に行けるようなれたら最高です。

 

そのヒントになる記事をこれからもどんどん配信していきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ