相互リンクがグーグルに全否定されている件。相互リンクもスパム対象に!

相互リンク

ネットビジネスのアフィリエイトで効果が少くなったと言われながらもいまだ有効だと

言われていた「相互リンク」ですが、今回グーグルウェブマスターツールの

リンクプログラムについての記述で新たな文章が追加され

相互リンクが全否定されている事がわかりました。

 

どのような文章がウェブマスターツールの

リンクプログラムについての記述に足されていたのでしょうか

 

ウェブマスターツールのリンクプログラムについての変更点

グーグル,インデックス

ウェブマスターツールのリンクプログラムのペナルティついて主だった内容をご紹介します。

・PageRank を転送するリンクの売買。

これには、リンク、またはリンクを含む投稿に対する金銭のやり取り、

リンクに対する物品やサービスのやり取り、商品について書いてリンクすることと

引き換えに「無料」で商品を送ることなどが含まれます。

 

・過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを

 作成すること。

・アンカー テキスト リンクにキーワードを豊富に使用した、

大規模なアーティクル マーケティング キャンペーンや

ゲスト投稿キャンペーン。

・自動化されたプログラムやサービスを使用して自分のサイトへの

リンクを作成すること。

原文はこちらです

 

この中で

過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的として

パートナーページを作成すること。

と記述されている部分ですね。

sougolinkpenalty

明確に「相互リンク」という言葉を使用し、過去に当サイトでも紹介していた

相互リンクページを作成して相互リンクがを集める手法も完全に否定されました。

相互リンクのやり方を紹介したページはこちらです

 

こちらの記事を見て相互リンクのページを作成された方は申し訳ないのですが、

相互リンクを集めたページは閉鎖したほうが良さそうです。

グーグル,ハミングバード,Hummingbird

グーグルの新しく採用されたハミングバードの影響か、最近はSEO対策の

手法が通用しなくなり(特に有料のサービス)、コンテンツ重視にグーグルが

持って行こうとしていることが分かりますね。

グーグルハミングバードについての記事はこちら

 

最近のグーグルはもう有料や人為的にSEOをするのは許さなくなるかもしれませんね。

 

出来るだけコンテンツを重視したサイト作りにしていったほうが良さそうです。

 

気になった方はこちらの記事も読んでみてくださいね。
⇒アフィリエイトで普遍的な最強のSEO対策とはなにか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ