読者を大量に呼ぶタイトルタグたった3つのポイント

205

タイトルタグは現状サイトSEOのワード設定で最も重要だと言われている部分です。

このタイトルタグのポイントは

完結にかつ人の心鷲掴みにする文章を作る

ことだと

様々なところで言われています。

最適な文字数にする

しかし完結にって具体的には何文字なんだろう。

と思いませんか?

 

タイトルタグで最適な文字数とは32文字迄です。

 137136

なぜ32文字なのかといいますと、検索された際にタイトルタグの内容が

検索結果画面に出るのですが、あまりタイトルタグが長すぎると文字が

途中で切れてしまいサイトの内容がうまく伝わりづらいからです。

 

そして全部を表示できる文字数が32文字というわけです。

 

これくらいの文字数ですと検索結果にもきっちり全ての文章が表示されて、

表示された文章が見ている方の心を鷲掴みにする文章であれば、

ポチッと押されてみなさんのサイトに訪問するというわけです。

 

インパクト勝負

099 (1)

そして次に心を鷲掴みにする文章をどう書くか?ですが、これは多くの

アフィリエイターやプロのマーケティング担当の方も皆さん必死で考えている部分で

初心者がすぐにうまく出来ることではなく、永遠のテーマだと思います。

 

ただ初心者でも手が出しやすい手法として、

インパクトを狙うというものがあります。

例えば

「あなたのサイト訪問者が激増する」

「激的に効果を上げる」

 

またこのサイトでも使っている

「~個のポイント」

といった書き方です。

 

こういったインパクトを与えることを意識して文章を書くと

間違いなくアクセス数は上がります。

またこういった文章を書くと、オーバーだと思われませんか?とか

反感買ったりしませんか?と言われる方がいます。

 

全く問題ありません。

 

謙虚な初心者

055

初心者の方にありがちな事として、

「異様に謙虚」「初心者アピール」

というのがあります。

 

しかしそのような自信がない始めたばかりの方が書いた文章を

読みたいと思いますか?

 

「初心者」だからといって面白くない文章を書いてもサイトに

訪問者が来てくれるわけではありません。

 

サイト訪問者は成功している人の書いた、自分の為になる文章を読みに来ています。

 

大体こういった記事を書く際にはそれなりに調べた事だったり自信があることを

書くわけですから、誰が読んでもつまらないことを書く方が難しいです。

 

自信を持って堂々としていれば良いと思います。

 

重要なキーワードは出来るだけ左側に

005

そして最後にSEO的なことを記述しますと、

ターゲットのキーワードは出来るだけ

文章の左側に持ってきてください。

 

Googleはタイトル文の左側にあるキーワードを

重要だと考えます。

 

よってあまりにも不自然な日本語になるのは

最終的には人間がサイトに入るかを判断するため良くないですが、なるべく文章の左側に

重要だと考えているキーワードを持ってくるようにしてください。

 

また、キーワードもいくら上位に表示させたいからと言って何回も重複して使うのは

辞めた方がよいです。

 

例えば「サラリーマン」というワードで上位にヒットさせる為に文中に

「サラリーマン」という言葉を2度も3度も使用するのは逆効果です。

出来るだけ使用するのは1回にして完結に表現しましょう。

 072

あと自分の順位付近にいる方のタイトルも研究してみると良いと思います。

その中で言われていない切り口だったりするとサイトに来てもらえる可能性が

高くなります。

 

どうでしたでしょうか?

 

上記3つのポイントは私も色々なサイトを研究したり、自分でも効果があったことです。

もしまだ実践していないことがありましたら是非一度試してみてください。

間違いなく効果が上がると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ